Word for Mac 2011 で卒業論文。

僕のWordは「Word for Mac 2011」

アップデートごとに機能が変わるWordは、卒論を書くのが面倒でわからないことも多い。そこで、僕が卒論を書く際に調べたWordの使い方について、スクリーンショットを用いながらメモとして残しておく。これから2011で卒論を書く人はこれを見ていれば大体必須になる項目は抑えられるだろう。

 

①表紙・目次を除き、本文からページ番号をつける方法

こちら、最初にぶつかる面倒な作業。

① ページ番号を開始するページの先頭にカーソルを置く

②【レイアウト】で【現在の位置から開始】を選択

f:id:Kankankan:20171115022803p:plain

③【表示】で【ヘッダーとフッター】を選択

④【ヘッダーとフッター】で【前と同じヘッダー/フッター】からチェックを外す

f:id:Kankankan:20171115022815p:plain

⑤【フッターへ移動】を選択し、【前と同じヘッダー/フッター】からチェックを外す

f:id:Kankankan:20171115022820p:plain   f:id:Kankankan:20171115022815p:plain

⑥【文書パーツ】タブにある【ページ番号】を選択

f:id:Kankankan:20171115022826p:plain

⑦【書式】を選択し、【開始番号】を【1】に変更し、【OK】

f:id:Kankankan:20171115022831p:plain

 

 

 

※卒論を進めていき、検索をした時点で追記をしていきます。